アラフォー主婦のeriekiのブログ

家事・育児・仕事 ベストライフへ毎日奮闘中

絶対に知っておきたい  Amazonせどりで 垢BANされない 5つの事



Amazonせどりをスムーズに行うために
気をつけて欲しい5つの事

せっかく、商品が売れて利益出たのにいきなり
アカウント凍結はされたくないですよね?
そこで、今回はAmazonせどりをするなら、
アカウント凍結避けるための5つの事をご紹介いたします。


Amazonでは自分が普通に運営してると思っていても、いきなりアカウント停止や真贋調査になったりします。
アカウント停止はわかりますよね。アカウント自体が使えなくなったり、停止させられる事です。
真贋調査(しんがんちょうさ)とは本物か偽物かの調節する事です。

ではこちらの二点も合わせて
知っておくべき5つの事を解説します。


1.レシートの保管

 


これは真贋調査された時に
自分が出品した商品が本物なのかどうかの調査されるという事が突然きたりします。

その時の証明として、購入時のレシート提出を求められることがあるので、仕入れた商品のレシートは必ず保管をしておきましょう


2.フリーWi-Fiを使用しない


これはアカウント停止になる可能性があります。Amazonでは複数アカウントの使用禁止という規約があります。
フリーWi-Fiでは不特定多数の人が使っているため、過去にアカウント停止になったアカウントと関連していると紐づけされることがあるので、気をつけましょう


3.請求書払い

 


Amazonビジネスアカウントの方が、商品購入時に使える方法ですが、
売れた商品を後払いにすることで、支払いが1か月先の月末になるという入金されるペースが遅いです。

そのため資金に余裕のある方は良いのですが、余裕のない方は資金繰りに困る事もあるので注意しましょう
ただし、Amazonに商品の1%の手数料を支払うと早期入金が可能となります。


4.引当金


入金予定額よりも少なかった経験はありませんか?
Amazonでは購入者との取引を肩代わりしてくれており、返品や返金時の対応に備えて一時的にお金を預かっているのです
ただし、翌月には振り込まれるので心配しないで下さい


5.Amazonセントラルポイント


商品価格に対して設定したポイントを購入者に還元するシステムです
全商品に対して1%のポイントが自動的に適用されます
このポイントは出品者負担になっており、
金額が大きくなると負担も大きくなるので注意して下さい
ただし、ポイント設定の変更は0〜50%に設定できるので、他の出品者と差をつけるときに上手に使い分けましょう